• TEA SET セット
  • Prince Shotoku Set 聖徳太子セット
  • TYPES OF TEA 茶種
  • Maccha 抹茶
  • Kabusecha かぶせ茶
  • Sencha 煎茶
  • Kamairicha 釜炒り茶
  • Bancha 番茶
  • Tenpibosicha 天日干し茶
  • Hojicha ほうじ茶
  • Genmaicha 玄米茶
  • Oolong-tea 烏龍茶
  • Black tea 紅茶
  • White tea 白茶
  • TOOLS 道具類
  • Chasen 茶筌
  • Organic Cotton Bag オーガニックコットン袋
  • Organic Gauze Bag オーガニックガーゼ袋
  • FARMERS 作り手から探す
    • KENICHI NATURAL FARM 健一自然農園
    • TAKENISHI FARM 竹西農園
    • FUKKOU FARM 福光園
    • FUJIMI FARM ふじみ農園
    • HAMA FARM 羽間農園
    • KITAMURA FARM 北村園
    • TSUKIGASE HEALTH TEA FARM 月ヶ瀬健康茶園
    • TAWARA NATURAL FARM 田原ナチュラル・ファーム
    • TATSUMI TEA FARM 巽茶園
    • NANPO FARM 南芳園
    • KUBOTA FARM 久保田農園
    • TAKEUCHI TEA FARM 竹内茶園
Our Concept 当店のこだわり
How to brew tea お茶の淹れ方
About this site このサイトについて
Facebook
Facebook
Twitter
Twitter
yungyun.com
yungyun.com
satolli.com
satolli.com
トップ > 作り手から探す > 福光園

福光園

[Sorting 並び順] new arrival 新着順low price 価格が安いhigh price 価格が高い

1~4件/全4件

< Back 前へ  1  次へ Next >

Movies 茶園の動画はこちら

The house that has been continued over 300 years in Tsuge area, Mr. Shuichi Fukui 15th generation, owns Fukkou farm.
Tea cultivation started 4 generations ago, and then his father Mr. Eitatsu consciously cultivated organic farming about 30 years ago.
Nowadays, Mr. Shuichi took JAS certification and distribute to the market.
Mr. Eitatsu still plays an important part in field, sometimes he exchanges old and new mind with Mr. Shuichi.
In the result, I feel good aspect that they find a best way.
Talking about fashion, when Mr. Shuichi goes to the field, he wears Evisu jeans and Danner’s shoes without negligence.
I feel he is modern version Daikokuten because he has pride as a professional and big-hearted smile.
People attract other people and wealth attracts more wealth.
His house, next to the factory, 4 generations lived together and place is traditionally boisterous because its always very crowded by visitors.
You can understand the rich and healthy lifestyle. And so, Fukkou farm’s tea lineup is very simple.
Only “Sencha”, “Bancha” and “Hojicha”.
Feelings to taste of Shuichi who acquired ascetic practices in a well-established tea wholesale dealer of Kyoto are gathered to three points.
"Tea of Nara being tea of the common people" and "the tongue of the modern Japanese westernizing"
is understood at the same time, and it goes up with a handy price; think that is reflected to fragrant.
Water and the sun match soil, and a tea plant is well, and in spring, a sprout appears and, we pick it up and packaging, this good circulation of process occurs here.
Organic fertilizers such as pure air and water, the climate of the plateau suitable for growth of the tea, rice bran or the seedcake, an expert processed tea technology.
The tea which can get well every day! Yes, here is it.

都祁の300年以上続く旧家で、15代目の福井周一さんが中心となる福光園。
茶業は4代前から、意識的に無農薬栽培をはじめたのはお父様の栄達さんで、今から30年程前。
周一さんの代になってからは有機JASの認証を取得するなどして広く世間に流通させています。
栄達さんは現在も茶作りの現場におられる頼れる存在で、 たまに周一さんと栄達さんが新旧の考え方をぶつけ合うことで、
結果的に一番良い方法を見つけておられるのが微笑ましい姿です。
姿といえば、周一さんは、作業着に手抜きせず、エヴィスジーンズやダナーの靴でビシッときめて茶畑に出かけられます。
プロとしてのプライドとおおらかな笑顔、現代版大黒さんといった感じです。
人が人を呼び、富が富を呼ぶ。 茶工場横の自宅は4世代が仲良く暮らし、ひっきりなしに来客がある昔ながらの賑やかな家。
ここにはとても豊かで健全なサイクルが流れているのがわかります。そんな福光園のお茶のラインナップは極めてシンプル。
「煎茶」「番茶」「ほうじ茶」のみ。
京都の老舗茶問屋で修行をつんだ周一さんの味へのこだわりがその3点に集約されています。
同時に、「奈良のお茶は庶民のお茶」であることと、「現代の日本人の舌は西洋化している」事をしっかりと理解されておられ、
それが手頃な値段と立ち上る香りに反映されていると思います。
土と水と太陽があってお茶の木が元気で、春になって新芽が出て、
摘んで製茶してパッケージングする、お茶ができるまでの行程もまた、良い循環がなされているのを感じます。

きれいな空気と水、お茶の成長に適した高原の気候、米ぬかや油かす等の有機肥料、熟練の製茶技術。毎日元気になれるお茶!が、ここにあります。